若大将の復帰を喜び続けるブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 仁志、巨人残留

<<   作成日時 : 2004/12/29 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

メジャーからのオファーが来なかった。
メジャー行きの真剣度が、アメリカのスカウトに伝わらなかったのではないか。
さほどアピールできるような成績でもないんだから、
トライアウトなり挨拶回りなり、やる気だけでもアピールしたら変わってきたはず。
本当に、行きたかったのなら、だけど。
年俸吊り上げ工作とは、思いたくないところ。
まあいまだに、2年間いい成績残したらメジャーも・・・って言うぐらいだから、本気なのかな。
残留会見でそんなこと言っても、誰も喜ばないと思うが。

しかし、再契約金1億って高すぎだろう。
そもそも再契約金って、うちを選んでくれてありがとう、って誠意のお金だろうに
オファーの全くない選手に払う必要があるのだろうか。

仁志選手の今年を振り返ってみると、
堀内監督に1番打者として期待され、まずまず結果を残したのではないかと思う。
打率.289、28本塁打はなかなかの数字だ。
あいかわらず出塁率が低い(.329)、これは規定打席到達者35人中32位なのだが、
おそらく堀内監督も折込済みだったはず。
多少攻撃で足を引っ張っても、守備で貢献してくれればよしとの考えだろう。
で、出塁率の低い仁志選手だが、得点106はリーグトップ。
これは自慢してもいいんじゃないかな。
優勝した年の清水選手が92得点なことを考えると、つながらないと言われた巨人打線だが、
仁志選手をかなり高い確率で生還させたことがわかる。
後続の打者も含めて、ホームランはやっぱり凄いね、て話だ。

来年もまず1番は安泰だろう。監督が変わらない限り。
出塁率はあきらめているので、せめて盗塁数だけでも増やしてくれるのを期待したい。

あと、監督が常識的な人物に変わったら、1番から外されると思われますが、
そのときも、わがまま言わずにしっかりやってくれるようお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仁志、巨人残留 若大将の復帰を喜び続けるブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる