若大将の復帰を喜び続けるブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 24シーズンIII 23:00-24:00

<<   作成日時 : 2005/02/16 11:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

個人の感想ですので、ネタバレに一切配慮していません。ご注意ください。


ちょっと、前回の感想から間が空いてしまいました。
再びまとめてレンタルしてきましたので、感想を更新していきます。

サラザール兄弟の仲違いについて書こうと思ったんですよ。
これは後々まずいことになりそうだな、と。
しかし。
あっという間に、決着がついてしまった。
兄ラモンによる弟ヘクターの粛正。
まさかまさか、と思わせる演出のあと、ズドンと一発。
例によって59分56秒あたりですよ。
口が空いたままになってしまった。
クラウディアの死が、へクターに与えた影響は大きかったんでしょうね。
彼女を悼む姿は、ヘクターの愛を感じさせましたし、
普通にいい人かもしれないなぁなどと思っていました。
そう思わせた時点で、退場の頃合だったのかもしれませんね。

チェイスはタフですねぇ。
ジャックも尋常ならざる肉体・精神の持ち主ですが、部下も負けていない。
捜査官はああじゃないと務まらないんでしょうか。
撃たれた手は痛いと思うけどな。

大統領兄弟の方ですが、元夫人のシェリーが登場してきました。
シェリーは、いい人ぽく登場してきたのはどうなんでしょうか。
裏がありそうな気がしますね。
政敵ミリケンの忌むべき秘密とは何なのか?
バイオテロと関係ありそうで、実は全くなかったりもしますから(シーズンIIみたく)
油断できないですね。
シェリーと大統領弟ウェインは同タイプだと、シェリー自身が語っていましたが、
シェリーのほうが格上だって感じがします。
もともと陰謀は女性向きだと思います。
人間の機微に鋭いです。
キスで、本質を見抜くニーナのような女性もいることですし。
ニーナは、今はジャックたちに囚われていますが、
彼女は絶対に反撃しますよ。

ラモンがジャックを信じすぎているのが気になる。
悪党とはいえ、信じた相手に裏切られるのは辛いやね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
24シーズンIII 23:00-24:00 若大将の復帰を喜び続けるブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる