若大将の復帰を喜び続けるブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 24シーズンIII 08:00-09:00

<<   作成日時 : 2005/02/27 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

個人の感想ですので、ネタバレに一切配慮していません。ご注意ください。




対比を考えていました。
ミシェル・デスラーがウィルスに陰性で、生命が助かったのは心から安堵しました。
演技も良かったですね。
無事の報を電話で受けるトニーも良かったし。
仲違いしかけた二人ですが、仲直りするチャンスがあって、嬉しい。
ああよかったーと、ミシェルが電話を切り、ふと後を向いた瞬間、
検査結果を見て自失している黒人捜査官が映るのです。
陽性だった、そういう演出だと思います。
ミシェルを喜ばせたままで終わらないといいますか、
視聴者に喜びと苦味を同時に味あわせるといいますか、やりますねぇ。
CTU本部のアダム、彼の妹がウィルスに感染したと、トニーに告知させるのも、
同じように対比の演出だと思うのです。
アダムの嘆き悲しむ姿が、トニーの姿だったのかもしれない。
アダムのミスにトニーが寛大だったのは、そういうこともあるのかもしれません。

クロエの顔は、虐められているのを恐れている子犬みたいだと、突然思った。

ミシェルは良かったねーって回だと思ったんですよ。
そこを、いきなり拉致ですからね…
サンダースの娘をキムごと誘拐ってか取り戻すのかとミスリードさせておいて、
ミシェルを誘拐してしまうとは…
ミシェルもトニーも気の毒。
脅迫されたトニーは、せっかく包囲したサンダースを逃がす片棒かついでしまったとさ。

サンダースの娘とキムって、ほとんど似てないような気がする。
体つきは、どっちもむっちりしてると思うけど、それだけなんでしょうか。

そういえば、アラン・ミリケン殺害はどうなったのでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
24シーズンIII 08:00-09:00 若大将の復帰を喜び続けるブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる