若大将の復帰を喜び続けるブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ふたたび真田が好投

<<   作成日時 : 2005/03/12 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ZAKZAKには、真田の記事が多い。
おそらく、親しい記者がいるのだと思います。
他には、仁志も良好な関係を築いているようですね。

記事にある通り、真田には球威が足りないです。
球速がすごく出るタイプではもともとありませんが、それにしても遅い。
ルーキー時代からほとんど変わっていないんじゃないですかね。
一昨年、肩を痛めた影響があるのかもしれませんが。
報道を見る限り、肩は問題なく、球威が増してきたって話だったんですけどね。
一昨日の登板では、5回で4四死球だったようですから、
制球も相変わらずアバウトです。
結果はそこそこですが、シーズンに入るとどうでしょうか。
リリーフであれば、真田は意図的に球速を上げられるので、充分戦力になると思いますが、
本人の希望である先発はどうかなぁと思います。

真田の武器はシュートです。
かつては手首をひねり、大きく食い込むシュートが主流だったように思いますが、
現在は握りだけを変えて、直球と同じように投げるのが流行っています。
大きくは曲がりませんが、スピードがほぼ直球と変わらないのが特徴です。
千葉の小林雅英がそうですね。
ちょっと前だと、横浜の盛田やヤクルトの川崎、そしてガルベスあたりも
高速シュートを武器に大活躍しました。
あ、桑田の全盛期も140キロを超えるシュートを投げていましたね。

シュートを上手に打つ打者が少なくなっているらしいので、
真田も球速が上がってくれば、じゅうぶんローテにやっていけると思うのですよ。
シュートは多少制球がアバウトでも、打者は怖がるのでそんなに不利でもないですしね。
というわけで、トレーニング頑張ってくれよって話でした。
(ZAKZAKには悪いけど、投げ込みはあまり関係ないと思うな…)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ふたたび真田が好投 若大将の復帰を喜び続けるブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる